外耳道異物とはどんな状態か、原因は何か

 多くの場合、子どもがおもちゃの鉄砲玉、小石、豆、ビーズなどを耳に入れます。昆虫が耳に飛び込むこともあります。

症状の現れ方

 異物では無症状から耳閉塞感(じへいそくかん)(耳がふさがった感じ)、難聴耳鳴り、反射性の咳(せき)、異物感までさまざまです。昆虫が入れば、耳痛が強くなります。

検査と診断

 専門医が額帯鏡(がくたいきょう)や顕微鏡でみれば診断は簡単です。

治療の方法

 異物除去の際の問題は、外耳道や鼓膜を傷つけないことです。そのためには、異物の外耳道内での位置や小児が協力的かどうか、異物を取り出す道具がそろっているかどうかなどが関係します。
(1)洗浄
 耳洗用水銃あるいはディスポーザブルの50ml用注射器の先端に2cmくらいのネラトンカテーテルを装着して行います。水の温度は体温と同じにしないと、めまいが起こります。
(2)異物鈎(こう)や鉗子(かんし)での摘出
 顕微鏡下に先端がフックのように曲がった鈎を、鼓膜を傷つけないように異物の鼓膜側に挿入し、異物を外に引き出すようにします。あるいは鉗子でつかめるような異物であれば、これを用いてもよいでしょう。
(3)吸引管による摘出
 細い吸引管で異物を吸い付けて、取り出します。
(4)昆虫の場合
 まず4%か8%のリドカインを噴霧し、次いでオリーブ油やアルコールを注入して昆虫を動かないようにし、そのうえで前述の洗浄、吸引、鉗子、異物鈎のいずれかを用います。

応急処置はどうするか

 昆虫などが耳のなかで動いて痛みがある時は、応急処置としてウイスキーかブランデーを、体温ぐらいに温めてから耳に注入してもよいでしょう。