心挫傷とはどんな外傷か

 心挫傷は、鈍的(どんてき)外力によって心臓が強く圧迫された結果、心筋組織の断裂や壊死(えし)、出血、浮腫(ふしゅ)(むくみ)などが生じ、さまざまな程度の心機能障害を起こすものをいいます。
 その多くは特殊な治療は必要でなく、良好な経過で治りますが、まれに心タンポナーデ心原性(しんげんせい)ショックなどの重い心機能障害を伴って死に至る場合もあります。

原因は何か

 自動車事故でのハンドル外傷などにより胸骨(きょうこつ)と脊椎(せきつい)の間で心臓が強い圧迫を受ける、高所からの墜落など急激な減速により心臓が胸壁(きょうへき)に強打される、挟圧(きょうあつ)外傷(はさまれたことによる外傷)などにより急激に胸腔内圧が上昇する、などの場合に発生します。

症状の現れ方

 胸部外傷後の胸痛や胸内苦悶(くもん)が主な症状です。重い場合には、心タンポナーデ(閉塞性ショック)や心原性ショックを合併し、頻脈(ひんみゃく)、不整脈、血圧低下、頻呼吸、四肢冷汗および冷感、頸静脈怒張(けいじょうみゃくどちょう)(頸〔首〕の静脈がふくれる)、意識障害などが現れます。

検査と診断

 前述した症状と、心電図検査、血液検査、心臓超音波検査、心臓核医学検査、心臓カテーテル検査などにより診断されます。

治療の方法

 心挫傷の治療は急性心筋梗塞(しんきんこうそく)に準じます。心電図検査で異常が認められればベッド上で安静を保ち、酸素吸入を行って心電図の変化を厳重に監視します。不整脈(ふせいみゃく)に対しては抗不整脈薬を投与します。
 心原性ショックに対しては、昇圧薬や強心薬の投与など、適切な薬物療法を行います。また心タンポナーデが認められれば心嚢穿刺(しんのうせんし)(針をさす)や心嚢ドレナージ(管を挿入して排液する)が行われ、重いショック状態であれば、機械を用いた補助循環を行います。

応急処置はどうするか

 心挫傷に対して一般の人ができる応急処置はとくにありません。本症が疑われたら、一刻も早く救急車を呼び、適切な医療機関へ搬送することが大切です。病院に着くまでは絶対に負傷者のそばを離れず、励まし続けることを忘れてはなりません。