尿道損傷とはどんな外傷か

 女性ではまれですが、男性では多く発生し、泌尿器外傷の約50%にみられるとされています。部位によって、前部尿道損傷(球部、振子部)、後部尿道損傷(膜様部)に分けられています。
 このうち球部尿道損傷は騎乗型(きじょうがた)損傷とも呼ばれ、落下時など股間を強く打撲(だぼく)した際に恥骨(ちこつ)と挟まれて裂傷を負うもので、最も多くみられる尿道損傷です。後部尿道損傷は、大部分が骨盤骨折に起因するものです。

原因は何か

 交通事故、労働災害でみられます。泌尿器科で行われる、尿道を経由した内視鏡手術やカテーテルの操作時に損傷することも多いとされています。

症状の現れ方

 前部尿道損傷では、尿道からの出血、会陰(えいん)部および陰嚢(いんのう)部の皮下出血、排尿困難がみられます。
 後部尿道損傷では、尿道出血は少量で、肛門周囲に皮下出血班がみられます。また、静脈が豊富な部位のため、出血が大量になりやすいのが特徴です。

検査と診断

 尿道から造影剤を注入すると、前部尿道損傷では、症状で述べた皮下出血の分布と同様に、造影剤が会陰部、陰嚢部に広がります。
 後部尿道損傷では、膀胱周囲に同様の広がりがみられます。

治療の方法

 損傷が起こった直後は、カテーテルの挿入や内視鏡の使用は、損傷を増大させることがあるため行いません。まず下腹部で膀胱に針を刺し、尿を体外に導く路を確保します。前部尿道損傷の軽度のもので、尿道カテーテルの挿入が可能な場合では、カテーテル留置のみでの治癒が可能です。
 その他の症例では外科手術が必要になります。術後の合併症として、尿道狭窄(きょうさく)、尿失禁、勃起(ぼっき)障害などがあります。

応急処置はどうするか

 泌尿器科専門医の診察を受けることをすすめます。