膀胱異物(ぼうこういぶつ)

膀胱・尿道異物とはどんな外傷か

 異物が尿道から入る場合と、膀胱壁を通過して侵入する場合があります。
 男性に多いといわれており、20代前後にピークがあります。女性では30歳前後に多く、いずれも性的活動期に相当します。

原因は何か

 男性では自慰、性的行為、悪戯(いたずら)などによって挿入され、体温計、ヘアピン、ビニール製品、針、釘、鉛筆、蝋燭(ろうそく)類など多種多様です。
 女性では医療に関係するものが多く、たとえばカテーテルの破損物、手術時に使用した縫合糸、ガーゼなどがあります。また、外傷に伴う場合では、金属片、木片、骨片などがあります。

症状の現れ方

 異物の膀胱粘膜への刺激による頻尿(ひんにょう)、排尿時痛、肉眼的血尿がみられます。異物が長期に存在したり細菌感染を伴うと、結石を形成したり、膀胱壁に穴があくこともあります。

検査と診断

 X線検査、超音波断層検査、CTなどの画像による診断に加えて、膀胱鏡による観察で診断できます。

治療の方法

 まず内視鏡を用いて、尿道から異物の摘出を試みます。
 巨大なものや内視鏡操作では摘出が不可能な場合には、膀胱を切開して異物を取り出します。

応急処置はどうするか

 異物の侵入に気づいた時点で、救急外来を受診することをすすめます。

●尿道異物(にょうどういぶつ)
 概要は、前項の膀胱異物とほぼ同様なので、参照してください。
 20代の男性に多くみられ、異物の種類も類似しています。検査、診断、治療も大きな相違はありません。