手部腱損傷<外傷>の診断と治療の方法

 突き指によるマレット指は、手術をせずに装具などで治療することが可能ですが、多くの腱損傷では手術を行わないと機能回復は望めません。しかし、腱はそれ自体ほとんど伸び縮みしない組織で、血行に乏(とぼ)しく、手術で縫合しても周囲と癒着せずに良好な滑走を回復させることは容易ではありません。
 とくに、手掌(しゅしょう)中央部からPIP関節(第2関節)までの部位の屈筋腱損傷は、縫い合わせてもよい結果が得られないので、ノーマンズ・ランド(立ち入り禁止地区)といわれてきました。
 現在では、創の条件がよく、熟練した手の外科の専門医であれば、よい手術結果が得られることが多くなってきましたが、治療が難しいことには変わりありません。治療のタイミングが遅れた場合や、最初の手術の結果がよくない時などは、縫合部をはがして滑走を改善させる腱剥離術(けんはくりじゅつ)や、患者さんのほかの部位の腱を移植する腱移植術などが行われます。