前腕骨骨折<外傷>の診断と治療の方法

 骨折した骨を癒合させるとともに、肘・手関節の運動や前腕の回内外運動(回旋運動)を損なうことがないように治療することが重要です。
 前腕骨の中央部の骨折では、大きく曲がったままで癒合すると、回旋制限(まわしにくくなる)が生じます。また、肘・手関節に近い部位での骨折では、ずれて癒合すると関節の動きが損なわれて後遺症を残すことがあり、とくに小児では成長するにつれて障害が目立ってくることもあります。
 骨折の状況によっては、小児でも手術を行う必要のあることもあり、専門医の治療が必要です。また、神経麻痺や血管損傷が合併していないかどうかも、治療上重要な点です。