膝関節捻挫<外傷>の症状の現れ方

 症状は膝の痛み、関節のはれ、膝の不安定性です。受傷早期からのはれは膝関節内の出血が考えられ、関節穿刺(せんし)(針を刺す)によって関節血症の確認が必要です。もし脂肪滴(穿刺した血液がギラギラ光ってみえる)の混入があれば、骨折の合併が考えられます。

膝関節捻挫<外傷>の診断と治療の方法

 損傷した靭帯の部位と程度により異なりますが、大部分は外固定などの保存的治療が行われます。しかし、十字靭帯損傷など不安定性や疼痛がとれない場合には、靭帯再建手術が必要な場合があります。