離断性骨軟骨炎とはどんな病気か

 関節軟骨の一部が軟骨下骨層とともに壊死(えし)を起こす疾患で、剪断型骨端症(せんだんがたこつたんしょう)と考えられています。壊死を起こす原因にはかかりやすい素質と外傷が考えられます。関節の運動によって剪断力(はさみ切る力)がはたらくと、壊死部は離断されて関節遊離体になります。発生部位は膝(しつ)関節、肘(ちゅう)関節に多く、股(こ)・足(そく)関節にもみられます。

膝関節の場合

 膝関節では大腿骨内側顆(だいたいこつないそくか)の顆間窩(かかんか)寄りの関節面に好発します。10〜20歳のスポーツをする男性に多く、原因としては、関節面間での衝突や繰り返される外力により軟骨下骨の損傷と壊死が生じ、骨軟骨片が離断すると考えられます。
 症状は、初期には軽い膝関節痛を自覚する程度ですが、壊死が進行するにつれて階段の昇降や走ることが困難になります。病巣が離断して遊離体になると嵌頓(かんとん)症状で激痛や可動域制限、関節水症などが起こります。
 診断は、症状とX線所見によりなされますが、X線断層撮影やMRI、CT、骨シンチグラフィなどで詳しい情報が得られます。
 治療は、年齢と進行の程度によって異なります。10歳前後の骨の成長期(骨端線(こつたんせん)閉鎖以前)で、骨軟骨片が動いてない初期から中期では、手術は行わず松葉杖を使った免荷(めんか)療法(負荷をかけないようにする)を長期間行います。侵襲の少ない関節鏡を使ってのドリリングも有用です。病巣が進行すれば骨釘(こつてい)移植などの手術で骨軟骨片を固定します。
 すでに離断して長期間たってしまった場合は、骨軟骨片の固定は困難で、骨軟骨片摘出になります。最近は骨軟骨移植が行われるようになり、手術成績も向上しています。

肘関節の場合

 肘関節では、壊死巣は大部分は上腕骨小頭の骨軟骨にあり、大きさは直径1cm程度です。発症年齢は13〜17歳で少年によくみられます。野球の投手に多いため、野球肘(やきゅうひじ)とも呼ばれます。症状や診断は、膝関節の場合とほぼ同様です。
 治療は発症早期には肘の安静を保つ保存療法を行います。進行すると手術が必要になります。