猫ひっかき病とはどんな病気か

 猫ひっかき病は、ネコやイヌに引っかかれた創(そう)(傷)や咬まれた創から細菌が感染し、赤くはれ、頸部(けいぶ)のリンパ節の痛み・はれ、発熱などの症状を来す疾患です。夏から秋にかけて発生頻度が高くなります。

原因は何か

 バルトネラ属の菌が感染することにより発症します。この菌はネコやイヌなどの動物の爪や口腔内、あるいは動物に寄生するネコノミなどに存在します。
 日本ではネコの1割が感染し保菌しており、ヒトへの感染のほとんどはネコによるものと考えられます。とくに子ネコからの感染の危険性が指摘されています。

症状の現れ方

 通常、数日〜数週間の潜伏期のあと、次の症状があります。
(1)皮膚症状(出現率5〜9割)
 最初に皮膚症状が現れます。典型例では直径2〜5mmの小さな赤い発疹、あるいはうみをもった発疹、瘡蓋(そうがい)(かさぶた)を生じます。
(2)リンパ節のはれ(出現率8〜9割)
 痛みのあるリンパ節のはれが、腋の下や頸部、下顎に現れます。リンパ節のはれは鶏卵大以上になることもあります。リンパ節は硬く、押すと痛みがありますが徐々に軟らかくなり、しばしば一部が破れてうみが流れ出ます。発疹やリンパ節のはれは2〜5カ月で自然に治ります。
(3)発熱(出現率5〜7割)
(4)その他
 頭痛や意識障害を訴える脳症(出現率1割以下)や結膜炎(けつまくえん)を合併することもあります。また、糖尿病肝硬変(かんこうへん)など免疫力の低下を伴う基礎疾患がある場合や小児では、しばしば重症になります。

検査と診断

 (1)ネコやイヌとの接触歴、(2)原因不明で3週間以上継続するリンパ節のはれ、(3)原因不明の発熱、(4)組織病理学的所見により診断されます。

治療の方法

(1)成人では、通常は自然に治るため、解熱薬や鎮痛薬の対症療法だけで経過観察します。一般に予後は良好で、抗菌薬を使わなくても6〜12週でよくなります。 (2)症状が長引く場合には抗菌薬を内服します。 (3)重症例では入院や集中治療室での治療が必要になります。

猫ひっかき病に気づいたらどうする

 皮膚科、内科、あるいは小児科を受診してください。また、意識障害や重度の頭痛、あるいは食事ができない時は、救急車を要請してください。