高齢者の高血圧とはどんな病気か

 60歳代の約60%以上、70歳以上の70%以上が高血圧にかかっていると考えられており、受診率も全疾患を通じて第1位になっています。加齢とともに収縮期血圧(高いほうの血圧)は上昇し、拡張期血圧(低いほうの血圧)はむしろ低下傾向にあります。このため脈圧(高いほうと低いほうの差)のひらきが著しくなります。
 高齢者における収縮期血圧の上昇および脈圧のひらきが大きくなることは、心血管病のリスクとして重要です。
 高齢者はもともと脳循環、冠動脈循環、腎血流などの主要臓器の血流量は低下し、さらに各臓器の血流自動調節能は障害され、血圧下限値が高血圧側に動いています。そのため、急激に血圧を下げすぎることは、これらの臓器の血流障害をもたらす可能性があるので、とくに脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)の既往のある患者さんでは、よりゆっくり血圧を下げる必要があります。
 加齢に伴い全身の主要臓器の予備能力は低下しますが、高血圧の治療上とくに重要なのは腎機能の低下です。他の特徴として、 ・マンシェット法(腕にカフを巻き、空気を入れて聴診器で血圧を聞く方法)では見かけ上高く評価される可能性があること ・聴診器で血管音が聞きとりにくいことがあること ・血圧が動揺しやすいこと ・起立性(きりつせい)低血圧や食後性低血圧例の増加 ・血圧日内変動の変化‐夜間非降圧型および過度降圧型の増加(無症候性脳梗塞の頻度の上昇) ・早朝の昇圧例の増加 ・白衣高血圧(コラム)の増加 があります。

検査と診断



 高齢者の高血圧の診断基準も一般成人と同様に14090mmHgとされています(表7)。しかし、いくつかの臨床研究では16095mmHg以上で薬物治療が行われており、14090mmHg以上という値が降圧治療の対象血圧値というわけではありません。
 高齢者の高血圧では、動揺性が著しいため、日を変えて繰り返し血圧を測定し、常に高いことを確認する必要があります。起立性低血圧の頻度が増すため、立位血圧(起立後3分以内の血圧)の測定が重要で、治療開始前、治療開始後に必ず行います。
 24時間血圧測定(ABPM)が有用ですが、1日に何回か測定する家庭血圧も参考になります。

治療の方法



 治療を行う際の基準値の1例を表7に示します。
 治療法としては次のとおりです。
(1)食事療法
 高齢者は食塩に感受性が高く、減塩は有効です。また、肥満者では減量も有効です。しかし、あまり減塩を強くすすめると、長年の食習慣から塩味の少ない食事を食べなくなることもあるので注意します。
(2)運動療法
 心拍数110拍分程度の運動は60歳以上の高齢者にもよい適応ですが、心臓の状態、骨や関節の状態に合わせて行います。
(3)お酒、たばこ
 日本酒で1日2合程度、たばこに関しては基本的には禁煙とします。
(4)降圧薬療法
 ほかに合併症のある場合とない場合で治療法が変わることがあります。


 それぞれを図4表8に示します。実際の処方は患者さんの病態、合併症を考えて決定されます。