心原性ショック<循環器の病気>の症状の現れ方

 前項の急性心不全の症状に加えて、発汗があり顔色や口唇の色も悪くなります。全身がぐったりとして、受け答えも鈍くなってきます。状態が悪くなると、呼びかけに答えられなくなります。

心原性ショック<循環器の病気>の診断と治療の方法

 まず血圧を上昇させるために、輸液、昇圧薬などの薬剤を投与します。酸素を投与し、必要に応じて気管内挿管と人工呼吸を行います。
 重症の場合は、大動脈のなかに風船を入れて心臓のはたらきを補助する大動脈バルーンパンピング(IABP)、心臓と肺のはたらきを一時的に補助する経皮的心肺補助(PCPS)を使用することがあります。
 同時に、原因となっている急性心筋梗塞に対して再灌流(さいかんりゅう)療法(冠動脈の血流を再開させる)、急性の弁膜症に対して弁置換手術、重症不整脈に対する電気除細動(じょさいどう)、ペースメーカー挿入などを適宜行っていきます。