心臓弁膜症<循環器の病気>の症状の現れ方

 症状は心不全症状です。また、個々の弁膜症に特徴的な症状がありますが、それぞれの項で解説します。

心臓弁膜症<循環器の病気>の診断と治療の方法

 薬物による内科的治療と外科手術とに大きく分けられます。心不全症状がある場合には、利尿薬やジギタリス製剤を内服します。安静時にも症状があったり、胸水や浮腫(むくみ)がひどい時には、入院して利尿薬の静脈注射やカテコラミン製剤の点滴などを行います。
 手術するかしないかは、学会で定められたガイドラインに従って判断していきます。