上大静脈症候群<循環器の病気>の症状の現れ方

 静脈の還流障害なので、症状は先に述べたような頭や腕のむくみですが、閉塞の場所、速度、程度、側副血行路(そくふくけっこうろ)(通常の血流が防げられることによって生じる静脈血のバイパス)の発達の程度によって、その現れ方は異なります。前腕部皮静脈の拡張や、まぶたのむくみなどで気がつくこともあります。

上大静脈症候群<循環器の病気>の診断と治療の方法

 上大静脈症候群はあくまでも症状から名付けられた病態名なので、その原疾患の治療を優先します。たとえば、良性腫瘍であれば手術による摘出が可能ですし、悪性リンパ腫ならば放射線治療を行うことになります。ただし、肺がんが原因で上大静脈症候群が起こった場合にはがんが進行しており、手術による完全切除ができない例がほとんどです。