肺アスペルギルス症<呼吸器の病気>の症状の現れ方

 肺アスペルギローマでは、咳、喀痰(かくたん)、胸痛、呼吸困難などの一般的な呼吸器症状が現れます。血痰(けったん)や喀血(かっけつ)の頻度は他の呼吸器感染症よりも多いのですが、無症状のまま胸部X線異常で発見されることが最も多くなっています。
 IPAは、突然の発熱が起こり、その後に喀痰、咳、呼吸困難などの症状が現れます。病変が胸膜に接して存在することが多いため、胸痛を伴うこともあり、また血痰や喀血が起こることもあります。

肺アスペルギルス症<呼吸器の病気>の診断と治療の方法

 アスペルギローマは外科的切除が原則的で、経験的治療(客観的なデータではなく過去の経験に基づいた治療)は一般に行いません(図15)。CNPAとIPAはボリコナゾール(ブイフェンド)が第一選択薬です(図16)。