粟粒結核とはどんな病気か



 結核菌が血管に侵入して血液に乗って運ばれ、少なくとも2臓器以上に活動性の病巣が成立した病態です。肺野(はいや)の広い範囲にわたって1〜3mm大の粒状の陰影(粟(あわ)の種に似ているので、粟粒結核という)が無数見えます(図23)。この粒状の塊(かたまり)は、結核菌とそのまわりの防御細胞とが闘っているものです(結核小結節と呼ぶ)。気道とは関係のない小葉(しょうよう)中心性の陰影です。
 肺にだけ病変があるわけではなく、全身の臓器にばらまかれるので、喀痰(かくたん)、尿、血液、骨髄穿刺液(こつずいせんしえき)、髄液(ずいえき)などから結核菌が検出されます。これらの発見率は低いですが、何度も試みることで証明できます。骨髄や肝臓などの生検(組織をとって調べる検査)では、結核性肉芽腫(にくげしゅ)像も認められます。

治療の方法

 治療は標準的な抗結核療法です。進行して急性呼吸窮迫(きゅうせいこきゅうきゅうはく)症候群(ARDS)や気胸(ききょう)を合併することがありますが、治療を適切に行えば、約6カ月後には肺野の粒状影は完全に消えてなくなります。
 初感染に続いて進行する早期蔓延型(そうきまんえんがた)と二次結核症の病巣から散布する晩期蔓延型(ばんきまんえんがた)とが知られていますが、それぞれの例での区別が困難の場合もあります。粟粒結核の胸部X線像では、間質性(かんしつせい)肺炎やがん性リンパ管炎びまん性汎細気管支炎(はんさいきかんしえん)(DPB1124)との区別が必要であり、万一、粟粒結核を間質性肺炎と誤診してステロイド治療を行えば、悲惨な結果になります。