無気肺とはどんな病気か

 何らかの原因で気管支がふさがれ、閉塞部位から末梢の肺に空気が入らなくなり、肺がつぶれた状態を指します。

原因は何か

 異物、肺がん、気道の瘢痕性狭窄(はんこんせいきょうさく)、痰などの気道への滲出物(しんしゅつぶつ)が原因になりえます。とくに肺がんの存在を否定することが重要です。

症状の現れ方

 原因となる病態によって無気肺自体による症状が明らかでないことが多いのですが、咳(せき)、喀痰(かくたん)、胸部圧迫感、胸痛、呼吸困難、頻(ひん)呼吸などの症状が認められます。喀痰は粘性、漿液性(しょうえきせい)から膿性(のうせい)までさまざまです。ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)や、ふさがった部分の感染による発熱が認められることもあります。

検査と診断

 胸部X線像、胸部CT像によって無気肺となった部位の診断が可能です。気管支鏡によって気道内の病変の様子を評価します。

治療の方法

 原疾患の治療を行い、気道の開通を目指します。
 喀痰などの分泌物が原因の場合、体位変換、タッピング(手のひらと指でおわん型をつくり、軽く叩く方法)、ネブライザー吸入、去痰薬の投与が行われます。気管支鏡を用いた処置を必要とする場合もあります。