がん性胸膜炎とはどんな病気か

 がんが胸膜に播種(はしゅ)(ばらまかれること)し、胸水がたまる病気です。

原因は何か

 がん性胸膜炎を引き起こす悪性腫瘍としては肺がんが最も多く、次いで胃がん乳がん卵巣がん膵(すい)がん、悪性胸膜中皮腫(ちゅうひしゅ)などが頻度の高い原因です。

症状の現れ方

 胸痛(深呼吸や咳(せき)で増悪(ぞうあく)するのが特徴)、咳などの症状が現れます。胸水が大量にたまってくると、呼吸困難を自覚するようになります。発熱を来すことは少ないようです。

検査と診断

 胸部X線検査で胸水がたまった像を認め、胸腔穿刺(きょうくうせんし)(針を刺す)により、胸水中からがん細胞が証明されれば診断が確定します。胸水の特徴として、血性であること、リンパ球が増加していること、CEAなどの腫瘍マーカーが高値であることが、補助診断として役立ちます。
 胸水の検査だけで診断が得られない場合には、胸腔鏡を用いて胸腔内を観察し、病変部位を生検して、がん細胞を証明することもあります。

治療の方法

 胸腔ドレナージを行い、胸水が減った時点でアドリアマイシンなどの抗がん薬やピシバニールを注入し、胸水が再びたまるのを予防します。同時にシスプラチンなどの抗がん薬の全身投与を行います。
 しかし、多くの患者さんの予後は極めて不良です。

がん性胸膜炎に気づいたらどうする

 深呼吸や咳で増悪する胸痛を自覚すれば、胸膜炎を疑い、早めに内科を受診しましょう。とくに喫煙者の方が前記の症状を感じれば、肺がんによるがん性胸膜炎の可能性があるので、至急に内科を受診します。
 また、中年以降の女性は、喫煙歴がなくても肺がんが発生することがあるので、注意が必要です。