縦隔炎<呼吸器の病気>の症状の現れ方

 食道に孔があくと、胸骨後方の激痛、悪寒戦慄(おかんせんりつ)、発熱が現れます。重症になると細菌が血液のなかに入り、敗血症(はいけつしょう)を発症する場合もあります。

縦隔炎<呼吸器の病気>の診断と治療の方法

 強力な抗菌薬(ペニシリン、セフェム系、カルバペネムなど)を投与します。小さな孔であれば保存的治療でも治癒しますが、大きなものでは外科的処置が必要です。孔がふさがるまでは、絶飲絶食として点滴で栄養を補給します。
 原因が食道がんの場合、予後は極めて不良ですが、ほかの原因の場合ではおおむね治ります。