脳動静脈奇形<脳・神経・筋の病気>の症状の現れ方

 最も多い症状は脳内出血で、侵された脳の部位に応じて、片麻痺(かたまひ)、言語障害、視野障害、感覚障害などが起こります。自覚症状として、頭痛、吐き気、嘔吐なども起こります。
 次に多いのはてんかん発作です。片側の上肢または下肢に起こる焦点性のけいれん発作、あるいはそれが全般に広がる二次性全般発作などが典型的です。
 くも膜下出血で発症する場合には、突然に強い頭痛が起こり、それが続きます。同時に、吐き気、嘔吐が起こることがあります。出血の量が多い場合には意識が障害されます。ただし、脳動脈瘤破裂(のうどうみゃくりゅうはれつ)によるくも膜下出血よりは軽い症状ですむことが多いようです。
 慢性的な頭痛が起こることもあります。

脳動静脈奇形<脳・神経・筋の病気>の診断と治療の方法

 脳内出血やくも膜下出血を起こしたら、入院して安静にし、状態が安定するのを待ちます。てんかん発作を起こした人に対しては、抗てんかん薬を投与します。
 治療の原則は外科手術による動静脈奇形の全摘出です。実際には年齢、性別、動静脈奇形の部位、大きさ、合併症などによって手術をするかどうか決めます。手術が困難であるような患者さんには、血管内治療による塞栓術や、ガンマナイフによる放射線治療も行われています。