高血圧性脳症とはどんな病気か

 頭痛、視力障害、けいれん、意識障害などの症状が血圧上昇に伴って起こるものです。
 脳の血管には、血圧の上昇・下降に対して血管を収縮・拡張させて血管抵抗を増大・減少させ、脳の血流を一定に保とうとするはたらきがあります。これを脳血管の自動調節能といいます。しかしその調節能の範囲を超えて血圧が著しく上昇すると、脳血流は異常に増え、脳の毛細血管内から血管外へ血漿(けっしょう)成分がしみ出して脳にむくみを起こし、頭蓋内圧が亢進します。このような現象を高血圧性脳症といい、悪性高血圧や子癇(しかん)(一種の妊娠高血圧症)などの際にみられます。

症状の現れ方

 頭痛、悪心(おしん)(吐き気)、嘔吐などのいわゆる頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)症状が起こります。さらに悪化するとけいれん、意識障害などを起こします。放置すると脳出血や心不全、腎不全により死亡します。

検査と診断

 血圧の著しい上昇がみられ、とくに拡張期血圧(低いほう)が120mmHg以上に上昇しています。頭部CTやMRIでは、脳のむくみの所見がみられますが、大きな梗塞(こうそく)や出血はありません。

治療の方法

 すみやかに血圧を下げる必要があります。降圧がすみやかに得られ、用量を調節しやすく、また効果が確実な静脈内投与の降圧薬で治療します。脳のむくみに対する抗脳浮腫薬(こうのうふしゅやく)や、けいれんがある場合には抗けいれん薬が必要です。

高血圧性脳症に気づいたらどうする

 ただちに神経内科の専門医の診察を受けてください。