真菌性髄膜炎とはどんな病気か

 亜急性(あきゅうせい)髄膜炎として発症するのが特徴です。エイズや副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬の長期大量投与は本症の誘発因子であり、その発生頻度は増えています。

原因は何か

 病原菌にはクリプトコッカス、カンジダ、ムコール、アスペルギルスなどがあげられますが、クリプトコッカス髄膜炎の頻度が最も高いとされています。クリプトコッカスは、鳥類の排泄物、とくにハトの糞で増殖することが知られています。多くの場合、肺で初感染巣がつくられ、血液により運ばれ(血行性)、髄膜腔(ずいまくくう)に広がります。30〜50%の頻度で、白血病、ホジキン病、糖尿病、膠原病(こうげんびょう)、エイズなどの基礎疾患がみられます。

症状の現れ方

 クリプトコッカス髄膜炎は亜急性、慢性髄膜炎として起こることが知られています。脳実質内に肉芽腫(にくげしゅ)を形成する場合は、髄膜刺激症状とともに片麻痺(かたまひ)やパーキンソン症状などの脳局在症状も示し、髄膜脳炎としてみられます。

検査と診断

 髄液圧が上昇し、細胞数増加、蛋白増加、糖の減少(20〜35mgdl)など結核性髄膜炎に類似した所見を示します。頭部CT、MRIでは、時に水頭症の所見や肉芽腫を反映した低吸収域・異常信号病変がみられます。
 髄液中の菌の検出が重要で、クリプトコッカス莢膜(きょうまく)の証明には墨汁染色による検出が最適とされています。同時に、培養を繰り返し行う必要があります。抗原、抗体を検出するラテックス凝集反応も実用化しています。

治療の方法

 アムホテリシンBの点滴静注が有効で、5〜10mg日から始め、0・5〜1mgkg日まで徐々に増やしてゆきます。5‐フルシトシン8g日(経口)との併用も行われます。また、フルコナゾール(200〜400mg日)の点滴静注(経口も可能)は副作用も少なく、第二選択薬として用いられます。アムホテリシンBの副作用には局所の静脈炎、全身反応(発熱、嘔吐、悪心(おしん)など)、経過中の貧血、腎障害などがあります。

真菌性髄膜炎に気づいたらどうする

 亜急性の発症で、発熱、頭痛、嘔吐などがみられた場合は、神経内科、内科、小児科の医師に相談してください。