脊柱管狭窄症とはどんな病気か

 先天的または後天的に脊柱管が狭くなって、脊髄(せきずい)や神経根が圧迫される病気です。頸椎(けいつい)および腰椎(ようつい)に起こることが多く、腰椎の場合は馬尾(ばび)神経が圧迫されて症状が出ます。

原因は何か

 後天的な場合は、加齢、外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚(ひこう)が原因となります。腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯(おうしょくじんたい)の肥厚や石灰化も原因となります。

症状の現れ方

 頸椎の場合は前項の頸椎症と同様の症状が現れます。
 腰椎の場合は両側または片側の下肢の痛み、感覚障害、筋力低下が主な症状です。また歩行すると下肢痛のために歩行ができなくなりますが、安静にすると痛みは消えて再び歩行が可能になる間欠性跛行(かんけつせいはこう)がしばしばみられます。症状が進行すると、排尿障害が出現します。

検査と診断

 単純X線検査およびMRI検査で、脊柱管の狭小、脊髄や神経根、馬尾神経の圧迫が認められます。

治療の方法

 鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)による薬物療法、コルセットの着用、牽引(けんいん)などの保存的治療を行います。首の過度の前屈、後屈および激しい運動は避け、腰に負担のかかる姿勢や作業はやめるほうがよいでしょう。
 症状が重い場合は拡大椎弓切除術(かくだいついきゅうせつじょじゅつ)を行い、圧迫されている脊髄、神経根、馬尾神経の徐圧、開放を行います。