とうこつしんけいまひ橈骨神経麻痺の症状や原因・診断と治療方法

橈骨神経麻痺とはどんな病気か

 橈骨神経は正中(せいちゅう)・尺骨(しゃくこつ)神経と並び、腕を走る大きな神経のひとつです。橈骨神経のはたらきは、(1)肘関節を伸ばすこと(上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の収縮による)、(2)上腕二頭筋と協力して肘関節を収縮すること(腕橈骨筋(わんとうこつきん)の収縮による)、(3)手首と手指を伸ばすことです。感覚領域は手の背部で親指、人差し指とそれらの間の水かき部を支配しています。

原因は何か

 橈骨神経麻痺は、上腕中央部で上腕骨のすぐ上を走っている神経が、骨と体の外の硬い異物との間で圧迫されることで起こります。

症状の現れ方

 症状は、手指や手首が伸ばしにくく(垂れ手)なり、しびれ感と感覚の鈍さが親指と人差し指の間にある水かき部に起こります。橈骨神経麻痺は圧迫性末梢神経障害(あっぱくせいまっしょうしんけいしょうがい)のなかで頻度の多いもののひとつです。
 典型的には、深酒をしたあとに腕枕をしたり、ベンチに腕を投げ出すような無理な姿勢をすることや、腕枕をすることで上腕で神経が圧迫されることにより発症します。

治療の方法

 発症早期にメチルコバラミンや副腎皮質ステロイド薬などを服用することが有用です。予後はおおむね良好で、多くの場合1〜3カ月で完治しますが、麻痺を容易に繰り返す場合は髄鞘(ずいしょう)という神経のまわりを包む構造の異常がありえるので、医師に相談されたほうがよいでしょう。

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】