脊髄の腫瘍<脳・神経・筋の病気>の症状の現れ方

 背中の痛み、手足に走るような痛みなどが時々出て、やがてこれらの痛みが続いたり、手足の感覚が鈍(にぶ)ったりします。その後運動の障害が現れ、階段を降りにくくなる、つま先が引っかかるなどの訴えが聞かれます。そのほか、腸の運動が鈍くなって便秘になったり、膀胱の機能が悪くなって排尿に時間がかかるなどの症状も現れます。

脊髄の腫瘍<脳・神経・筋の病気>の診断と治療の方法

 手術により腫瘍を切除し、まわりの神経への圧迫を取り除くことが必要です。とくに脊髄のなかにできた腫瘍では、手術顕微鏡を使った高度な手術テクニックが要求されます。