多指症<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 完全な指の形をしていない状態から、爪ももっていて、ほとんど完全な形態のものまであります。

多指症<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 通常、1歳ころまでに切除手術を行いますが、時期が早いと構造が小さくて技術的に難しいことがあります。過剰指が小さく、機能もしていなければそちらの切除で問題はありませんが、残した指が将来変形してくる場合があります。大きさや機能が似たような指のいずれを切除すべきか判断が難しいことがあり、このような場合は専門的な知識・経験が必要です。