絞扼輪症候群<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 上肢や下肢の一部が切断されている場合があります。切断までに至っていなくても、通常よりも深いしわが複数みられます。指でも、さまざまな程度に絞扼輪と切断状態がみられることがあります。指の先端が癒合(ゆごう)している場合も、基部(根元)は分離していることが少なくありません(これを先端合指(せんたんごうし)と呼びます。通常の合指とは対照的です)。

絞扼輪症候群<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 深い絞扼輪に対しては形成手術が必要となります。先端合指には分離手術が行われます。