鎖骨骨折とはどんな外傷か

 小児が転倒して手や肘あるいは肩を地面などについた時に、その衝撃による外力が鎖骨に伝わって発生します。鎖骨を直接に打撲(だぼく)して骨折を起こすことはまれです。小児の肩周辺の骨折の80%を占め、発生頻度が高いものです。

見落としやすい外傷と合併損傷

 乳幼児は骨が厚い骨膜で包まれているため、骨の連続性が完全には断たれない不全骨折(いわゆる「ひび」)になることが多くあります。
 この場合は症状が乏しく、X線写真でも骨折線がはっきりしませんが、数日後にX線再検査を行うと骨折線がはっきりします。
 小中学生で交通事故などにより大きな外力を受けた場合は、神経や血管の損傷を合併することがあります。

症状の現れ方

 骨折はほとんどが鎖骨の中央3分の1の部位で発生します。骨折すると、体の中央寄りの近位骨片は上方へ、肩寄りの遠位骨片は下方にずれます。鎖骨の正常のレリーフが変形し、さらに両骨片は重なり合って1〜2cm短縮し、肩幅が狭くなります。骨折部に皮下出血やはれ、痛みが生じ、腕や肩を動かすと痛みが強まります。

検査と診断

 X線検査が必要です。外傷の病歴と鎖骨部の変形、痛み、はれ、皮下出血、圧痛、骨折部の異常な動きなどの症状とX線写真で診断は容易です。

治療の方法

 保存療法が原則です。患児を椅子に座らせて、できるだけ胸を反らせて、重なり合って短縮した骨片を整復します。次いで包帯を使用する8字帯固定法や、専用の鎖骨バンドなどで固定します。
 固定期間は乳幼児では2〜3週間、小中学生では4〜6週間程度で、低年齢児ほど短くてすみます。

応急処置はどうするか

 腕や肩を動かすと痛みが強まるので、三角巾などで腕を体幹に固定します。

関連項目

 骨・関節の外傷総論