肋骨骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 肋骨が骨折すると、体動や深呼吸、くしゃみで痛みが強くなります。肺に損傷が及ぶと呼吸がしづらくなります。

肋骨骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 湿布や消炎鎮痛薬で経過をみますが、安静にしていれば3週間くらいで痛みは楽になります。痛みが強い場合にはバンドをすることもありますが、これをしても完全に痛みをとることは難しいようです。手術が必要となることはほとんどありません。
 肺に損傷が及んでいる場合には、入院治療が必要となり、胸に管を入れて空気や血液を吸引する治療が必要となることもあります。