突き指<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 脱臼や骨折があると指が異常に曲がった状態になります。このような変形がなくても、腫脹(しゅちょう)(はれ)や内出血が強い場合には骨折や靭帯損傷が疑われます。槌指では前述したように指先が曲がったままになり、自分の力で伸ばせなくなるほか、疼痛や腫脹も認められます。

突き指<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 保存療法と手術療法とがあり、外傷の種類や重症度によってどちらをとるか決めます。保存療法は、必要な場合には徒手整復を行ったあと、副子や装具、テープ、包帯などで体の外からの固定(外固定(がいこてい))を行います。手術療法で整復や体の内からの固定(内固定(ないこてい))を行った場合でも、同じように外固定をすることもあります。いずれの治療法も、指の動きが悪くならないようにリハビリテーションを早期に行うことが重要になります。