ゲームキーパー拇指<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 拇指を外側へひねるように突き指した際、拇指のMP関節の小指側に疼痛、不安定感を来し、つまみや握りの動作がうまくできなくなります。

ゲームキーパー拇指<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 靭帯が完全には切れていない場合には、ギプスなどによる外固定の保存療法で治ります。しかし、完全断裂の場合には、早期から外固定(がいこてい)を行っても不安定性が残ってピンチ力(つかむ力)が低下し、最終的には変形性関節症に移行してしまうことが少なくないので、ストレス撮影などの検査の結果で手術療法が選択されます。手術では靭帯の縫合がしづらいことが多く、その場合引き抜き鋼線法やチタン製のアンカーを用いた靭帯縫合、靭帯形成術を行います。