ジャンパー膝<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 ロールズという人が症状を4期に分類しています。
 1期は、スポーツ開始直後に膝蓋骨の直下か直上に疼痛が生じますが、スポーツをするのに支障のないことが多い時期です。
 しかし、そのままスポーツを続けると2期となります。運動開始時と運動後には痛みが生じますが、運動中には一時的に疼痛は軽快、消失するようになります。スポーツの継続は、この時点では可能なことが多いのですが、専門医の診察が必要な時期です。
 さらに進行して3期になると、痛みのためにスポーツの継続が困難となります。4期では膝蓋腱の断裂が生じます。
 痛みは、とくにダッシュやジャンプの動作で強く、ジャンプでは着地動作での症状が強くなる傾向があります。

ジャンパー膝<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 基本的には、保存療法として安静、大腿四頭筋のストレッチ、テーピングやサポーター、温熱などの理学治療、消炎鎮痛薬の投与などが組み合わされて行われます。
 症状が軽い場合には、ストレッチの併用でスポーツ活動の継続は可能ですが、2期以上に進行している場合にはジャンプ動作の制限やスポーツの休止を指導します。スポーツを継続する場合は、膝関節の深屈曲動作を避けるようにします。
 症状が強く難治性の場合には、膝蓋腱の変性部分の切除や膝蓋骨へのドリリングなどを行う手術が施行されます。