下腿コンパートメント症候群<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 慢性の場合は、走行時のフォームの異常などにより一部の筋肉に疲労が蓄積して生じることも多く、その場合はフォームの矯正を行います。時には足底挿板(そくていそうばん)を用いて矯正することもあります。なかなか症状がとれない場合には、圧を逃がすために手術的に筋膜切開を行うこともあります。
 急性型では、放置すると大きな後遺症を残しますので、症状が重症であればただちに手術が必要なこともあります。