好酸球性肉芽腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 痛みを訴えて気がつくことがほとんどです。いわゆる成長痛のように、毎日いろいろなところを痛がるのではなく、痛みの場所は一定しています。

好酸球性肉芽腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 組織診断がつけば、骨折予防の処置を行ってX線検査による経過観察を行います。痛みがよくならず、X線でも軽快しないで骨折の危険性が高い時には、手術によって掻爬(そうは)することもあります。