線維性骨異形成<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 骨の成長が障害され変形を引き起こすと、骨の出っ張り、あるいは腫脹(しゅちょう)として気がつきます。成長に伴って皮質骨が薄くなって、骨が弱くなると病的骨折を起こします。病変自体は痛みや強い変形を伴わないので、打撲や外傷で撮影したX線写真で偶然発見されることもあります。

線維性骨異形成<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 もし、この病気が痛みの原因になっている場合には、周囲の骨組織を残して病巣の掻爬(そうは)(かき取ること)を行います。骨の欠損部に対しては、放置するか骨移植を行います。変形が痛みの原因である場合には、骨を切って変形の矯正を行うこともあります。再発することもあるので、術後十分な経過観察を受ける必要があります。