粉瘤(アテローム)とはどんな病気か

 皮膚に隣接した皮下組織に老廃物がたまって徐々に大きくなってくる瘤(こぶ)で、アテロームとも呼ばれています。
 瘤ができる病気ですが、異常な細胞増殖の結果、発生する腫瘍(新生物)とは病気の性質が異なり、中身は細胞成分に乏しく、ドロドロした悪臭を伴う泥状の物質で満たされています。体のどこにでも発生しますが、背中や顔などに多いといわれています。

原因は何か

 皮膚の老廃物が、何らかの原因でできた皮膚のすぐそばの袋状の組織に蓄積されることで起こると考えられています。皮膚への反復した刺激や、皮膚の一部が外傷などで内側に入り込むことなどが契機となるといわれています。

症状の現れ方



 瘤が発生することで自覚されます。多くは数cm大ですが、まれに10cm以上の大きさをとるものがあります(図56)。瘤のまわりの皮膚の状態をよく観察すると、瘤が皮膚に最も接している部分には小さな穴が見つかることがあります。
 瘤を無理に潰そうとすると、ドロドロした悪臭を放つ物質が出てくることがあります。普通は痛みを伴うことはありませんが、細菌が感染することがあり、その場合は赤くはれ上がって痛みます。
 ごくまれですが、この病気から皮膚がんが発生することがあり、今まで長い間同じ大きさで経過していたものが急に大きくなったときなどに注意が必要です。

検査と診断

 典型的なものは、患者さんを外来で診察しただけでこの病気を疑うことができます。あまりに大きく、ほかの腫瘍性疾患などとの鑑別が必要な場合や、手術を行う場合などはMRIなどの画像診断を行うことがあります。

治療の方法

 比較的小さく痛みなどの症状がない場合は、多くは経過観察のみでよいでしょう。細菌がついて赤くはれてきた場合は、抗生物質の投与で感染した状態を鎮静できる可能性がありますが、進行したものは手術を行うほうがよいでしょう。
 その他、手術が必要となるのは、ほかの腫瘍性疾患との鑑別のため顕微鏡で組織を調べる場合、不快なにおいが気になる場合、外見上目立つなど審美的に気になる場合などです。通常、局所麻酔での日帰り手術となりますが、サイズが大きな症例などは入院して治療する場合もあります。

粉瘤(アテローム)に気づいたらどうする

 粉瘤と思われる瘤が現れた場合は、まず近所の整形外科や皮膚科に相談しましょう。赤くはれ上がって細菌が感染した状態の場合は早期の対応が必要です。あまりにサイズが大きいなどほかの腫瘍との鑑別が必要な場合は、専門施設の医師に相談するとよいでしょう。