ショイエルマン病<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 姿勢不良や背・腰痛や脊柱の運動制限が主です。背中が丸くなったり、脊椎が硬くなってお辞儀や反り返りができにくくなったり、痛みや疲労感を訴えます。

ショイエルマン病<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 成長期には、さらなる変形の防止と矯正(きょうせい)を期待して、特殊な硬性脊椎コルセットを作成して装着します。成長終了後の腰痛、易(い)疲労感(疲れやすい)に対しては、対症的に薬物投与を行います。変形が高度で筋力低下や感覚の障害などの神経の障害が現れた場合は、手術的に脊椎変形を矯正することもあります。