カルベ扁平椎(好酸球性肉芽腫症)とはどんな病気か

 小児期に脊椎(せきつい)(背骨)が扁平化を起こす病気です。脊椎が扁平化を起こす病気としては、昔は脊椎カリエス(結核(けっかく))が多くみられましたが、カルベ扁平椎はひとつの脊椎だけに病変がみられ、他の脊椎に病変が波及しないこと、骨端症(こったんしょう)のように一定期間の破壊ののち修復し、発症前の状態にもどることが特徴です。
 1925年のカルベの報告に基づき、カルベ扁平椎と呼ばれていましたが、現在では病態を的確に表現する好酸球性肉芽腫症(こうさんきゅうせいにくげしゅしょう)と呼ばれることが普通です。

症状の現れ方

 小児期に腰、背中の痛みで発症し、X線写真ではひとつの脊椎のみがつぶれて扁平になり、かつ骨が濃縮した(白く硬く写る)像を示します。病変は他の部に波及せず、一定の期間をおいて修復に転じ、脊椎の高さも元にもどります。

検査と診断

 経過がほかの骨端症と類似しているため、以前は骨端症の一種と考えられていましたが、前述のように病変部の組織を顕微鏡で調べる病理検査により、病変の主体は白血球の一種の好酸球を多く含む肉芽腫性病変であることが判明しました。
 この肉芽腫性病変は、ヒスチオサイトーシスXと呼ばれる全身性の病気の1カ所の症状で、頭蓋骨や肋骨にも同様の骨病変が認められることがあります。

治療の方法

 この肉芽腫性病変は良性の経過をたどり、経過観察のみで改善消失することが知られています。このため、この病変は多くは経過観察のみで改善します。