カルベ扁平椎(好酸球性肉芽腫症)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 小児期に腰、背中の痛みで発症し、X線写真ではひとつの脊椎のみがつぶれて扁平になり、かつ骨が濃縮した(白く硬く写る)像を示します。病変は他の部に波及せず、一定の期間をおいて修復に転じ、脊椎の高さも元にもどります。

カルベ扁平椎(好酸球性肉芽腫症)<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 この肉芽腫性病変は良性の経過をたどり、経過観察のみで改善消失することが知られています。このため、この病変は多くは経過観察のみで改善します。