変形性股関節症とはどんな病気か

 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。

原因は何か

 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性股関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性股関節症があります。80%以上が二次性で、原因には、生まれつき股関節の骨盤側の形が小さい臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)、発育性股関節脱臼(はついくせいこかんせつだっきゅう)・大腿骨頭(だいたいこつとう)すべり症ペルテス病といった小児の股関節の病気、骨折や脱臼などの外傷、痛風(つうふう)や化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)などの炎症、その他の原因によって生じるものがあります。
 臼蓋形成不全や発育性股関節脱臼などの小児期の股関節の病気が女性で多いため、変形性股関節症も女性に多く見られる病気です。年齢とともに発生が多くなります。

症状の現れ方

 変形性股関節症は変形の程度によって初期、進行期、末期に分けられます。
 初期には脚の付け根や臀部(でんぶ)、膝の上部のこわばりや重い感じがあり、歩き始めや長時間の歩行、階段の昇降で痛みが起こります。腰からのいわゆる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)や変形性膝関節症に症状が似ている場合があります。初期でも炎症が強く関節液がたまっていたり、関節唇(しん)が損傷されていたりする場合には比較的に強い痛みがあります。
 変形が進行し進行期から末期になるにつれ、動きが制限されて痛みも強くなり、筋力も低下してきます。長距離の歩行や階段の昇降、しゃがみ立ちが困難になるなど徐々に日常生活が制限されてきます。

検査と診断

 診断は歩行状態、痛みの部位、動きなどの診察とX線検査で行います。X線検査では、関節軟骨のすり減りや骨の変化、関節周囲の骨の増殖(骨棘(こっきょく))の程度、関節の適合性を検査します。
 関節リウマチやほかの膠原病との鑑別のために、血液検査を行う場合もあります。骨の変化、関節液の貯留や関節唇損傷の確認のため、CTやMRIによる検査を行う場合もあります。

治療の方法


(1)保存的治療

 まずは、痛みに対して体重のコントロールや安静、杖の使用、温熱療法などの理学療法、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用いた保存的治療を行います。股関節周囲の筋力トレーニングも関節の安定性を高めるのに有効です。
(2)手術
 股関節の重度の変形があり、日常生活に支障がある場合には、人工股関節手術が行われます。最近は、皮膚や筋肉の切開を最小限にする最少侵襲手術(MIS)や、骨の切除を最小限にする表面置換型人工関節といった方法も取り入れられています。人工股関節は満足度の高い手術ですが、人工関節の感染や、とくに活動性が高く若い患者さんでは人工関節のゆるみや破損が問題になる場合があります。
 このため、比較的若い患者さんでは、関節の機能の改善と関節を長持ちさせる目的で関節形成術(骨切り手術)が行われます。関節形成術には骨盤の形を変える手術、大腿骨の形を変える手術、骨盤と大腿骨の形を同時に変える組み合わせ手術があり、変形の程度や関節の形を考慮して手術方法を選択します。
 ほかの手術方法としては、機能的な形で関節を固定する関節固定術や股関節周囲の筋肉の緊張をゆるめる筋解離術(きんかいりじゅつ)などがあります。

変形性股関節症に気づいたらどうする

 脚の付け根に痛みがあり、繰り返す場合には変形性股関節症の可能性があります。とくに小児期に股関節の治療を受けた人や、関節の形は家族で似ることが多いため股関節の治療を以前受けた家族がいる人は要注意です。
 変形性股関節症には進行期という時期があり、文字どおり比較的早く変形が進行する場合があります。早い時期であれば関節形成術といった予防的な治療も可能ですので、早めの整形外科受診をすすめます。