くる病<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 頭蓋の軟化、低身長、下肢の変形(O脚X脚)、肋骨念珠(ろっこつねんじゅ)(肋骨の突出)、胸郭(きょうかく)変形、脊柱(せきちゅう)変形(後側弯(こうそくわん))などがみられます。また、低カルシウム血症を伴う場合には、筋緊張の低下、歩行障害(あひる様歩行)などの症状が現れます。

くる病<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 薬物療法としてビタミンD製剤を投与します。低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病では、ビタミンDとともにリン製剤も投与します。
 下肢の骨折に対しては装具療法を、下肢の変形に対しては骨矯正術や骨延長術などの手術療法が必要な場合があります。