頸椎椎間板ヘルニア<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 椎間板機能が破綻することで起きる頸部痛や肩こりなどの局所の症状は、頸椎の加齢変化などでも起きるため、この病気に特有の症状ではありません。手足のしびれや痛み、脱力などの神経症状が主な症状です。
 脊髄が圧迫されると、手足の先端に行くほど強いしびれがさまざまな程度で、両側もしくは片側に起きます。上肢では、握力低下や手指の細かな動作に障害が現れ、字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなります(巧緻運動障害(こうちうんどうしょうがい))。下肢では、足が前に出にくくなって歩幅が狭くなり、階段の昇り降りがしずらくなります(痙性歩行(けいせいほこう))。脊髄のどの部位がどの程度圧迫されるかで、手のしびれ感程度から立ち上がることもできないような高度な麻痺までさまざまです。
 一方、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、頸部痛と片側の上肢にのみ症状が出現します。とくに、頸椎の位置や動きで変化する上肢の痛みやしびれ感が特徴的で、通常、上を見上げる動作(伸展)や咳・くしゃみなどで増強します。

頸椎椎間板ヘルニア<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 椎間板ヘルニアにより、脊髄、あるいは神経根のどちらが障害を受けているかで治療法は異なります。進行性の脊髄症状、すなわち手足のしびれや脱力が進行しつつあり、画像検査上も脊髄の圧迫と浮腫(ふしゅ)などのダメージを示す所見があれば、診断確定後にすみやかに手術を検討することになります。
 手術法には大別して前方法と後方法があります。前方法は、椎体と椎間板組織を削ってヘルニアを摘出し、削った空間に骨盤などから採取した自分の骨を移植する方法です。後方法は、後ろから脊柱管を拡大することで脊髄圧迫を間接的に解除する方法で、脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)を合併している場合に選択される場合が多い方法です。
 一方、脱出した椎間板髄核は、吸収・消失の過程をとる可能性があることから、しびれや脱力が長期間続き変化があまりない場合は、薬や理学療法などの保存的治療にて経過をみる場合が多くなってきています。
 神経根症状の場合は、主に保存的治療が行われます。すなわち、頸椎カラーなどによる頸部の安静と、消炎鎮痛薬やステロイド薬などの薬物治療が基本です。疼痛コントロールが困難な場合は、硬膜外ブロック・星状神経節ブロック・神経根ブロックなどの各種神経ブロック療法が行われます。保存的治療で改善が得られなかったり、運動麻痺が進行する場合は手術を検討することになります。