寝違え<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 起床時にある一定の姿勢をとった際に、頸椎の周辺に痛みが生じます。頸椎の運動制限を伴う場合が多く、頭痛や背中の痛み、圧痛部やしこりを伴う場合もあります。頸部の緊張が続くと、肩や上肢にいく神経のとおり道が頸部の筋肉で圧迫され、手のしびれや肩こりを伴う場合もあります。

寝違え<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 一般的に痛みは短期間で消えていきます。原因が、頸椎の関節や筋肉・靭帯である場合、頸部の緊張を解くことが大切となります。
 消炎鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)の内服、パップ剤の貼付(ちょうふ)、電気刺激やレーザー照射による頸部痛の鎮痛処置を行いながら、頸椎の可動域を少しずつ増やしていくことが大切です。症状が強い場合は局所注射、神経ブロックなどを行います。