眼部帯状疱疹とはどんな病気か

 左右いずれかの上まぶた、または下まぶたに発疹(ほっしん)と浮腫(ふしゅ)(むくみ)が生じ、痛みを伴う病気です。

原因は何か

 水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスによる感染症です。
 このウイルスは、初感染の時は水痘みずぼうそう)として発熱や全身の発疹を起こし、2〜3週間で治りますが、その後ウイルスは潜伏し、体の抵抗力(免疫能)が低下した時に再活性化します。
 たとえば高齢者、糖尿病やがんの患者さん、ステロイド薬を長期使用している人、また免疫抑制薬を使用している人などの場合です。しかし、まったく健康に問題のない人に発症することもあります。
 発疹は通常、1本の神経の分布に沿って起こり、顔面以外では胸・腹部がよく発症する部位です。

症状の現れ方

 まず、左右いずれかの上まぶたから前額部にかけて痛みだし、次いで皮膚には紅斑(赤み)ができ、小水疱(しょうすいほう)(みずぶくれ)となります。上まぶたから前額部の浮腫も起こります。水疱にはやがてうみがたまり(膿疱化(のうほうか))、そのあとに痂皮(かひ)(かさぶた)となります。普通、2週間以内に治ります。


 下まぶたが侵(おか)される場合もありますが、この場合、上まぶたは侵されません。なぜなら、帯状疱疹は通常、1本の神経の分布に沿って発症しますが、上まぶたと下まぶたではとおっている神経が異なるためです。ちなみに、上まぶたは三叉神経第1枝、下まぶたは三叉神経第2枝が分布しています(図3図4)。
 発疹が治ったあと、つらい神経痛が残ることがあります。症状が重ければ、ペインクリニックで専門的治療が必要になります。

検査と診断

 血液検査で、ウイルスに対する抗体価の上昇を調べます。水疱の内容物からウイルスを検出すればいちばん確実です。

治療の方法

 抗ウイルス薬(ゾビラックス)の点滴・内服、ステロイド薬の内服などを行います。皮膚には軟膏(アンダーム軟膏)を塗ります。

眼部帯状疱疹に気づいたらどうする

 痛みを伴う発疹が出たら、皮膚科または眼科を受診します。皮膚は清潔にし、水疱はつぶさないことが肝心です。