涙腺腫瘍<眼の病気>の症状の現れ方

 無痛性または有痛性の上まぶたの外側(耳側)の腫脹、涙腺の腫大による眼球突出、複視(物が二重に見える)、軽度の眼瞼下垂(がんけんかすい)などが起こります。疼痛は急速に増大する腫瘍で多くみられます。複視は、ゆっくりと増大する腫瘍では自覚しない場合もあります。
 一般に良性腫瘍は進行が遅く、悪性腫瘍は進行が早い傾向があります。

涙腺腫瘍<眼の病気>の診断と治療の方法

 良性腫瘍も悪性腫瘍も、手術による全摘出が原則です。悪性腫瘍では、涙腺にとどまらず眼球やまぶたまで含めて切除摘出する場合も多くあります(眼窩内容除去術(がんかないようじょきょじゅつ))。悪性腫瘍で転移が認められる場合、全身的化学療法や放射線療法が行われますが、予後はよくありません。
 偽腫瘍では、ステロイド薬の投与や放射線治療が行われます。