封入体結膜炎、トラコーマ<眼の病気>の症状の現れ方

 封入体結膜炎は、性器にクラミジア感染をもっている人との性行為ののち、急性の結膜炎として充血、膿性の目やに(眼脂(がんし))、眼瞼腫脹(がんけんしゅちょう)などが起こります。下眼瞼結膜(がんけんけつまく)には、大きめのぶつぶつ(濾胞(ろほう))ができます。眼の症状のほか、耳の前のリンパ節がはれ、痛みを伴います。
 新生児では生後5〜12日ごろ、充血、膿性(のうせい)の眼脂、眼瞼腫脹などが起こります。しばしば偽膜(ぎまく)という分泌物の塊が結膜にできます。

封入体結膜炎、トラコーマ<眼の病気>の診断と治療の方法

 クラミジアに有効な抗生剤の点眼や眼軟膏で治療します。完治するまで数週間かかります。性器クラミジア感染症があれば、抗生剤の全身投与をします。