結膜下出血<眼の病気>の症状の現れ方

 起床後、鏡を見て赤さに気づいたり、人から指摘されて初めて気づくことが多い病気です。軽度の異物感を伴うことがありますが、普通、痛みはありません。目やに(眼脂(がんし))も出ません。

結膜下出血<眼の病気>の診断と治療の方法

 出血は徐々に吸収され、通常10日〜2週間で自然に治ります。ただ、繰り返して出血する場合は、止血薬などを投与することもあります。また、原因となる病気があればその治療が必要です。