虹彩毛様体炎とはどんな病気か

 虹彩および毛様体が炎症によりはれたり、充血したりする病気をいいます。眼の前のほうに位置する虹彩や毛様体の炎症なので、前部(ぜんぶ)ぶどう膜炎(まくえん)ともいいます。

原因は何か

 原因によってではなく、炎症の起こっている部位に基づいてつけられた病名です。そのため、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などによる感染性のものや、免疫反応によって起こるものなど、さまざまな原因によるものが含まれます。原因の特定が難しいこともあります。
 免疫反応によるものとしては、後述する原田病サルコイドーシスベーチェット病などが含まれます。ほかに、若年性関節リウマチ、慢性関節リウマチ強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)、ライター症候群などのいわゆるリウマチ性疾患や、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)、クローン病などの炎症性腸疾患などがあげられます。また、アトピー性皮膚炎に伴って起こることもあります。

症状の現れ方

 急に片眼または両眼の球結膜(きゅうけつまく)(白眼のところ)の充血が起こります。眼は赤くなりますが、結膜炎とは違い、目やには出ません。自覚症状としては、眼が痛くなったり、まぶしく感じたり、見えにくくなったり、眼がかすんだりします。飛蚊症(ひぶんしょう)(黒い小さいものが飛んでいるように見える)が現れることもあります。

検査と診断

 虹彩・毛様体の部分に炎症が認められれば、本症と診断されます。しかし、虹彩や毛様体の炎症を直接みるのは難しいことが多いので、眼のなかに細いスリット状の光を入れて、顕微鏡で観察する検査(細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査)で角膜と水晶体の間の前房水(ぜんぼうすい)に炎症による混濁があるかどうかをみます。
 前述のようにさまざまな全身疾患に合併することが多いので、血液検査、胸部X線検査などを行って、原因疾患が何かを調べることが大切です。

治療の方法

 原因が不明で炎症が虹彩毛様体部に限られている場合は、炎症を抑えるための治療として、ステロイド薬の点眼が基本になります。炎症が強ければ、ステロイド薬を結膜下に局所注射することがあります。時にステロイド薬の内服も併用します。また、散瞳薬(さんどうやく)の点眼をして虹彩と水晶体が癒着(ゆちゃく)するのを予防します。
 経過はおおむね良好ですが、再発も多くみられます。原因が特定できる時は、併せてその治療を行うことが大切です。

虹彩毛様体炎に気づいたらどうする

 すみやかに眼科を受診し、検査を受けて治療をする必要があります。炎症が起きている状態で放置すると、視力の回復が難しくなり、虹彩と水晶体の癒着を起こし、緑内障(りょくないしょう)の原因になることもあります。

関連項目

 原田病サルコイドーシスベーチェット病交感性眼炎