網脈絡膜炎とはどんな病気か

 脈絡膜(みゃくらくまく)に炎症が起こるものを脈絡膜炎と呼びますが、網膜炎を合併することが多く、その場合は、網脈絡膜炎と呼びます。眼の後ろのほうに位置する網膜や脈絡膜の炎症なので、後部(こうぶ)ぶどう膜炎(まくえん)とも呼ばれています。網膜は光を感じる器官、カメラでいうとフィルムにあたるところで、この部位に炎症が起こると、視力が著しく低下することがあります。

原因は何か

 虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん)と同じく、炎症の起こった部位に基づいた病名であり、原因は多岐にわたります。大きく感染症と免疫反応とに分けられます。
 感染症には、結核(けっかく)、梅毒(ばいどく)、ハンセン病などの細菌、ヘルペスやサイトメガロウイルスなどのウイルス、真菌(しんきん)(カビ)、トキソプラズマなどの原虫、イヌ回虫などの寄生虫による感染などがあげられます。
 免疫反応による代表的な疾患としては、後述するサルコイドーシスベーチェット病原田病などがあげられます。このほかにも、各種の自己免疫疾患やその類縁疾患に併発することが知られています。

症状の現れ方

 視力の低下、眼のかすみ、まぶしさなどを自覚します。黒い小さなものが飛んでいるように見えること(飛蚊症(ひぶんしょう))もあります。一方で、眼の痛みや充血などの強い眼刺激症状はまれです。

検査と診断

 眼底検査はもちろんのこと、腕から造影剤を注射して眼のなかの血管の状態を見る検査(蛍光(けいこう)眼底造影検査)が必要になります。また虹彩毛様体炎の時と同じく、全身検査を行って炎症を引き起こしている原因をつきとめることも大切です。最近では、硝子体(しょうしたい)を手術で直接取って、原因を検索することも行われます。

治療の方法

 炎症を抑えるためにステロイド薬の投与が基本ですが、点眼だけでは網膜や脈絡膜に達する量が少ないため、炎症の程度によっては、ステロイド薬を目のまわりに注射したり、点滴や内服が必要なこともあります。また最近では炎症によって起こった硝子体のにごりを取り除いたり、黄斑のはれ(黄斑浮腫(おうはんふしゅ))を引かせるために硝子体の手術も行われます。
 感染によるものの場合は、消炎に加えてそれぞれの病原体に応じた薬剤の投与も行われます。ベーチェット病をはじめとする免疫反応によるものでは、免疫抑制薬の投与が行われることがあります。

網脈絡膜炎に気づいたらどうする

 多くの種類の疾患が含まれているため、一概に予後がどうと述べることはできませんが、炎症が網膜に及んで黄斑や視神経が損傷を受けると、視力の著しい低下を来すため、早めに適切な検査、治療を受けることが大切です。