網脈絡膜炎<眼の病気>の症状の現れ方

 視力の低下、眼のかすみ、まぶしさなどを自覚します。黒い小さなものが飛んでいるように見えること(飛蚊症(ひぶんしょう))もあります。一方で、眼の痛みや充血などの強い眼刺激症状はまれです。

網脈絡膜炎<眼の病気>の診断と治療の方法

 炎症を抑えるためにステロイド薬の投与が基本ですが、点眼だけでは網膜や脈絡膜に達する量が少ないため、炎症の程度によっては、ステロイド薬を目のまわりに注射したり、点滴や内服が必要なこともあります。また最近では炎症によって起こった硝子体のにごりを取り除いたり、黄斑のはれ(黄斑浮腫(おうはんふしゅ))を引かせるために硝子体の手術も行われます。
 感染によるものの場合は、消炎に加えてそれぞれの病原体に応じた薬剤の投与も行われます。ベーチェット病をはじめとする免疫反応によるものでは、免疫抑制薬の投与が行われることがあります。