白内障(しろそこひ)<眼の病気>の症状の現れ方

 水晶体に白濁が生じると、かすんだり、二重三重に見えたり、まぶしくなります。もっと白濁が強くなると、視力低下が主症状になります。黄褐色の着色が強いと、暗い所でとくに見えにくくなったり、一時的に近くが見やすくなったりします。
 瞳の中央が外から白く見えるほどになるまで放置すると、白内障が溶け出してきて炎症や緑内障(りょくないしょう)を起こして痛くなることがあります。

白内障(しろそこひ)<眼の病気>の診断と治療の方法

 白内障を根本的に治す方法は手術しかありません。逆にいえば、白内障は幸いなことに手術で治せます。
 手術は簡単に説明すると、網膜に至る光の通り道にある「白内障」というにごりを取り除いて、網膜に到達する光の量を増やすことです。これによって光がとおるようになって、今の自分の眼で可能ないちばんよい視力を引き出すことになります。
 どの程度視力が改善するかは、光を受け止める網膜やさらには視神経、脳に関係する問題です。したがって、白内障だけの場合はよい視力が得られますし、ほかの病気があれば、それに応じた術後視力になります。
 また、よく見えるようになっても老眼は治らないので、眼鏡は必要です。
 正常な視機能を得るためには、赤ちゃんのころから適切な光刺激を眼内に入れて、視力を十分に発達させることが不可欠です。このために先天性白内障は期を逸(いつ)せぬ手術が必要です。
 手術すればすぐによく見える成人の白内障と異なり、術後の弱視(じゃくし)訓練が重要です。もちろん、原因によっては視力改善にさらなる治療を要したり、治療してもよい視力が得られないこともあります。とくに片眼性の場合は、両眼性よりも早期の手術が必要で、術後訓練も大切です。
 手術はほぼ成人の白内障と同じです。なお、先天性白内障は手術後に再び白内障のような症状が出る後発(こうはつ)白内障になる頻度が高いので、注意が必要です。